>  > 時間をかけて愛撫し、そこで一度激しくエクスタシー到達

時間をかけて愛撫し、そこで一度激しくエクスタシー到達

ホテルの一室で、ドアを開けてみると写真と同様の女の子が立っていました。性格はとても明るい感じの子で、上品なイメージのある、高級デリヘルとはちょっと違うのかなという印象ですが、とても美人で立ち振る舞いなどはやはり高級感がありますね。一緒にお風呂に入り大事なところを洗いっこをしていざベッドへ。まずはこちらから攻めます。おっぱいがすごく弱いとの事で念入りにかつ大胆に攻めてみる。徐々に女の子の嗚咽のような声が漏れ始め、それが次第によがり声に・・。とは言え経験豊富な女の子ですから、心の中ではどうせ芝居だろ、と思いつつ指をおま○こに伸ばして見ると、そこはすでにチョー濡れまくりです。ピンサロ嬢なんかはあらかじめローションで塗りたくってるんですけど当然そんなことはデリ嬢はしませんし、これは本気汁でまちがいありません。どうやらおっぱいが弱いは本当のようだ。そこでこちらもようやくスイッチが入り今度はおま○こを時間をかけて愛撫しそこで一度激しくエクスタシーに達したようです。

[ 2016-04-04 ]

カテゴリ: デリヘル体験談1

月別アーカイブ

フリースペース