>  > 大きな波を逃さないように発射しました。

大きな波を逃さないように発射しました。

手マンを繰り出していると女の子から『いやぁ、おかしくなってしまう』なんていわれるので、すでに私のちんぽは戦闘準備完了してザーメン充填150%くらいです、かなり盛り上がって女の子に正上位すまたを仕掛けてみました。もうローションなんかいらないのではというくらいにおまんこが淫汁で濡れているので、まさに天然ローションという感じですよ。女の子をM字開脚させて、クリトリスにちんぽの側部が当たるようにして、さらに間違って挿入しないように女の子にちんぽにわっかを作るように握ってもらます。そこに私がピストン運動をするということですね。高級デリヘル嬢もクリトリスがすれるので、かなり感じてくれてます。はたから見たらはめているように見えるでしょうし、この角度は入ってもおかしくないので、注意が必要なんですよね。まあスマタだったら騎乗位スマタが一番いいんじゃないかなって思います。ということで大きな波を逃さないように精液どばばっと発射しました。

[ 2016-04-06 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

カテゴリ

フリースペース